Unity使い方@初心者の開発備忘録BLOG

Unityを使ってアプリやゲームを作る時のメモ的作業備忘録です。誰かのお役に立てれば幸いです。

64bit要件にUnityで対応する方法

まだ作業途中なのでメモ。

 

このリリースは Google Play の 64 ビット要件に準拠していません

以下の APK または App Bundle は 64 ビットのデバイスで利用できますが、32 ビット向けネイティブ コードしか含まれていません。140

2019年8月1日 以降、すべてのリリースが Google Play の 64 ビット要件に準拠していなければなりません。

アプリには 64 ビットと 32 ビットのネイティブ コードを含めます。Android App Bundle 公開形式を使用して、各デバイスアーキテクチャが自動的に必要なネイティブ コードだけを受け取るようにします。これにより、アプリ全体のサイズが増大することを回避できます。

 

https://developer.android.com/distribute/best-practices/develop/64-bit

 

Unityでの64bit版対応

要約すると、

①Scripting Backend を IL2CPPにする。

②ARM64 にチェックを入れる

 といったところのようです。

 

下記サイト様が特にわかりやすかったです。

d.hatena.ne.jp

 

対応が出来たかの確認には、

aaptを使うようです。

 

windowsでのapptのパス

teratail.com

 

 

tsubakit1.hateblo.jp