Unity使い方@超初心者の開発備忘録

Unityを使ってアプリやゲームを作る時の自分のための作業メモです。誰かのお役に立てれば幸いです。

Unityで作ったアプリを64bit要件対応にする方法

いままでUnityで作成したアプリが64bitに対応していないため、

2019年8月までにすべて対応しなくてはいけない模様・・・

 

このリリースは Google Play の 64 ビット要件に準拠していません

以下の APK または App Bundle は 64 ビットのデバイスで利用できますが、32 ビット向けネイティブ コードしか含まれていません。140

2019年8月1日 以降、すべてのリリースが Google Play の 64 ビット要件に準拠していなければなりません。

アプリには 64 ビットと 32 ビットのネイティブ コードを含めます。Android App Bundle 公開形式を使用して、各デバイスアーキテクチャが自動的に必要なネイティブ コードだけを受け取るようにします。これにより、アプリ全体のサイズが増大することを回避できます。

 

developer.android.com

 

 

ということで、

Unityでの64bit版対応方法

 

要約すると、

①Other Settings → Scripting Backend を IL2CPPにする。

②Other Settings → Target Architectures → ARM64 にチェックを入れる

 といったところのようです。

 

下記サイト様が特にわかりやすかったです。

d.hatena.ne.jp

 

対応が出来たかの確認には、aaptを使うようです。

 

windowsでのapptのパス

teratail.com

 

native-code: 'arm64-v8a' 'armeabi-v7a' 'x86'

↑一番下のメッセージにこれがでるとOK

 

実際に作業をすすめると、

unity select android ndk directory

となる

 

この場合は、

Android NDK r16b (64-bit) を NDK ダウンロード

・解凍して android-ndk-r16b フォルダーをコンピューターの任意の場所に保存

 でいいのだろうか?

docs.unity3d.com

 

 やってみる

 NDK 17.2.4988734 detected.Unity requirs NDK r16bとなる

多分、バージョンがひとつ古いものが欲しいってこと??

なぜ???

でもrってなんだろうか。

down loadというボタンが表示されるので、そのままダウンロードしてみる

ダウンロードが長い・・・

 

Androidは上手くパブリッシュできた模様

 

つぎにiOS版でパブリッシュしてみます。

 

 

 

tsubakit1.hateblo.jp